【見積もりを要チェック】状況に合わせてシャッター修理業者を選ぼう

記事リスト

作業員

プロに作業を依頼する

自宅のシャッターに違和感があった場合は、すぐに専門の業者に確認します。早い段階でチェックしてもらえば、単なる修理で終わる可能性が高いです。交換になってしまうとかなり出費が大きくなるでしょう。早め早めに動くことが大切です。

シャッター

すぐに対応してもらう

自宅にあるシャッターが壊れてしまったら、すぐに専門の業者への修理がおすすめです。専門業者なのでテキパキ動いてくれて、対応してくれます。できるだけ地域密着のところに依頼すれば、対応能力も高く満足すること間違いありません。

シャッター

これで業者を決める

自宅のシャッター修理は素人ではできません。原因の追究も含めて、きちんと修理するのであれば専門の業者に依頼することが大切です。シャッター修理業者は専門のサイトで複数の業者の比較が可能です。比較検討することで依頼しやすい業者が見つかります。

女性

故障したときの備えに

車庫のシャッターが壊れてしまうと、大変不便になり、場合によっては大きな損失を招いてしまいます。その損失を防ぎたいのなら、シャッターの修理に対応した業者を事前に調べておいて、いつでも連絡ができるようにしておきましょう。

作業員

業者の情報を収集しよう

シャッターに不具合が生じた時は、早めに専門の業者に修理を依頼するようにしましょう。業者を選ぶ時はネットのホームページやランキングサイトを活用して情報を収集し、実績や金額、サービス内容などを比較してから決めることが大切です。

状態によって異なる

シャッター

見積もりをしてみる

シャッターは年数が経過するにあたって、レールが劣化してきたりシャッター本体が歪み開閉しにくくなることがあります。そのため、完全に悪くなる前にメンテナンスや修理をすることが必要です。実際に多い修理箇所としてシャッターの動きが鈍くなるということですが、部品を新しいものに変えるだけで直ることがあります。特に、スプリングが弱くなり動きにくくなるというのが多く、スプリングの交換や修理をすることで直せます。費用としては、15000円から40000円ほどになることが多いです。もちろん、部品の在庫や特殊加工が必要になる場合にはそれ以上になることがあります。ちなみに、手動ではこれくらいの費用が収まることが多いのですが、電動になると場合によっては交換したほうが安いこともあります。特に、シャッター自体に衝撃を与えてしまい歪んだ上に、モーター部分も悪くなってしまった場合10万円以上になることもあります。そして、自動の場合はセンサーが悪くなることもあり、この部分だけの修理であれば制御盤の一部分のパーツを変えるだけで対応ができます。ちなみに、本体交換をする場合の相場としては、手動シャッターで10万円から25万円ほどになります。そして、自動シャッターになると20万円から35万円となります。業者によって基本料金や人件費が変わってきます。それに加えて、大きさや状況によって異なるため見積もりをしてみることが必要です。そのため、複数の業者から見てもらい判断することが大切です。